此岸から彼岸へ:秋彼岸会開催

お彼岸の季節となりました。

 昨9月23日(月曜日・秋分の日)に恒例の秋彼岸会が執り行われました。当日は大型台風17号の近畿接近で荒天が心配されましたが、幸いにも天候は回復し法会を無事終えることができました。

 ご存知のように、仏教では彼岸は此岸(現実の迷いの世界)と川を隔てた向こう岸のことであり悟りの世界を意味します。

 春秋の各一週間のこの期間中は、菩提寺を訪ね、墓参し、そして仏法を聴き、禅の教えに学び触れる身近な機会ととなっているものと思われます。

 私たちの人生も順境あり、逆境あり,様々なご縁に巡り合いながら暮らし、それが仏教でいう人生の無常というものかと思います。解決は遠くに求めなくとも、無常の事実(現実)から目を背けず、ご縁に向き合い、今を真剣に生きること自体が幸せと感じとることが、彼岸に渡る力となっていくことと思います。

大圓山 徳光院

〒651-0058

神戸市中央区葺合町

   布引山2-3 

TEL 078-221-5400

  (8:30~17:30)

FAX 078-221-5410

※当ホームページは、大圓山徳光院護持会にて運営しております。

▼シェア